コンテンツ一覧

資格があると有利

JOB

研修を受けよう

秘書の求人に応募したい人は、応募条件を確認してからにしましょう。秘書検定資格を持っている人ではないと応募できないことが分かるはずです。ただし、求人によっては未経験者でも無資格者でも応募可能というところもあります。このような好条件の職場では、入社後、秘書になるための研修を受けることになるでしょう。秘書の仕事は最初から誰でも簡単に務まるような仕事ではないからです。秘書の仕事は役職のある人に尽くすことがほとんどなので、気遣いができる人が好まれます。また、スケジュール管理はもちろん、電話対応や事務仕事なども担当することがあるので、多岐に渡った仕事ができる人ではないと務まりません。よって、すぐに秘書として使える人材が欲しいという求人の場合は、経験者を求めることが多くなっています。どうしても秘書の求人に応募したい人は、先に資格を取得してからにした方がいいかもしれません。未経験者であっても資格を持っていれば、それだけで採用されることもあります。資格を取得できている人は秘書の基礎知識も身についているので、きちんと研修を受ければすぐに仕事に慣れることでしょう。また、職場によって誰の担当になるのかは異なります。秘書というと、通常、社長や副社長といった役職のある人をイメージするものです。ところが、大きな会社になってくると、その他の役職に就いている人にも秘書がつくことがあります。その点も応募前に確認しておきましょう。

Copyright© 2018 貿易事務で働いてみよう【貿易事務は幅広い業務内容】 All Rights Reserved.