コンテンツ一覧

タクシー運転士になる

車

個人の魅力

現在、タクシー乗務員になる人は多いようですが、タクシー会社に勤めて乗務する運転士の場合、年収の全国平均が200万円代です。毎月の給料は10万円台がほとんどです。都市部ではやや多いと言われていても地方に行けば10万円台前半とも言われいます。10万円台前半の乗務員の大半が60歳以上です。中には80台でタクシー乗務の仕事に就いている人もおられます。タクシー運転士の多くは途中からこの仕事に就く人で、最初からこの仕事を選ぶ人はゼロと言っても過言ではないでしょう。リストラや企業の倒産などの煽りを受けてタクシー運転士に転向する人も多く、生活のためにこの仕事を選ぶことも多いでしょう。しかし、タクシー運転士の原状を見ると生活が苦しいと言わざるを得ません。個人タクシーの運転士の収入とタクシー会社で乗務する運転士を比較すると、年収の差は30%〜50%以上違うケースもあり、平均年収が400万円とも言われています。個人タクシーは地域別に収入も異なり、東京都では平均収入が750万円、地方でも400万円以上ということが多いようです。個人タクシーの許可を受けるには無事故無違反であることや一定の条件を満たしている必要があります。勤務運転士は収入が歩合制で賃走の60%程度が収入となりますが、個人タクシーであれば、歩合はないので努力次第で収入は増えます。ただし、車両に掛かる購入費や自動車保険、車検等整備等も自費となります。

Copyright© 2018 貿易事務で働いてみよう【貿易事務は幅広い業務内容】 All Rights Reserved.